• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

リバプールの遠藤航、平常心のデビュー サッカー欧州L

配信

 リバプールの遠藤航は「デビューだからとかは気にせず、チームが勝つために何ができるか考えていた」。初めて立つ欧州リーグの舞台にも平常心だった。序盤に先制される難しい展開だったが、ボールを受けては素早く判断して味方につなげた。

ブライトンの三笘、ほろ苦デビュー

 後半には遠藤航のパスから相手を崩し、PKを獲得。自陣でボールを失いピンチを招いた場面もあったが、積極的に攻撃に絡んだ。

 クロップ監督の下では徹底した前への押し上げが求められる。運動量がかなり増える中で、質の高いプレーを出せるか。「急に大きく成長するわけではないと思うし、少しずつやっていけばいい」と着実なレベルアップを目指している。(リンツ時事)

最終更新:

関連記事

こんな記事も

サッカー

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ