• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

中国、「掘削船派遣」発表後に撤回 日本のEEZ内

配信
松野博一官房長官=20日、首相官邸

松野博一官房長官=20日、首相官邸

 【北京時事】中国当局が、天然ガスなどを採掘する掘削船を東シナ海の目標海域に派遣すると発表した後、撤回したことが21日、分かった。松野博一官房長官は同日、当初の中国側の発表を受け「移動先はわが国の排他的経済水域(EEZ)・大陸棚であり、主権的権利や管轄権を侵害するなら断じて受け入れられない」と批判していた。

中国測量艦、鹿児島沖で領海侵入 通算12回目―防衛省

 中国海事局が船舶に向けて発した通告は「21日午後5時(日本時間同6時)から23日午後5時にかけて掘削装置をえい航する」という内容だったが、21日午後3時半すぎ(同4時半すぎ)に「通告を取り消す」と発表した。撤回した理由には触れておらず、臆測を呼びそうだ。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

政治用語

政治

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ