• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

内川「2度目の引退」 独立リーグでプレー―プロ野球・元ソフトバンク

配信

 プロ野球のソフトバンクなどで活躍し、今季は独立リーグの「大分B―リングス」でプレーする内川聖一内野手(41)が、今季限りで現役を引退すると発表した。21日に自身のインスタグラムで「2023年シーズンをもってプロ野球選手を卒業します」などとつづった。

 大分工高から2001年にドラフト1位で横浜(現DeNA)に入団。08年には右打者最高打率の3割7分8厘をマークして首位打者に輝くなど、プロ野球で通算2186安打を放った。ヤクルトに所属していた昨年、NPBを引退。地元の大分で現役を続けていたが「2度目の引退」を表明した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

野球

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ