• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

「中国あざける投稿やめて」 米高官、駐日大使に苦言―報道

配信
エマニュエル駐日米大使=2022年12月、東京都港区

エマニュエル駐日米大使=2022年12月、東京都港区

 【ワシントン時事】米NBCテレビは20日、バイデン大統領の側近がエマニュエル駐日米大使に対し、中国の習近平国家主席をあざけるようなSNSへの投稿を控えるよう要請したと報じた。バイデン政権が取り組む対中関係安定化に「水を差す恐れがある」と懸念を伝えたという。

米大使、改めて中国批判 「ホワイトハウスが苦言」報道後も

 習政権ではこのところ、閣僚の動静が途絶える事態が相次いでいる。エマニュエル氏はX(旧ツイッター)で「アガサ・クリスティの小説『そして誰もいなくなった』の登場人物のよう」「軟禁された者のリストは、さらに長くなっているようだ」などとやゆ。習氏への直接的な批判も頻繁に投稿していた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ