• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

ウルグアイ、後半失速 ラグビーW杯

配信

 ウルグアイは0―7の前半27分にゴール前まで攻め込み、反則を誘って認定トライ。相手がシンビン(一時退場)で2人少なくなっていた37分に勝ち越しのトライを奪った。さらに前半終了間際にはSOエチェベリがDGを成功させ、10点リードで折り返し。番狂わせへの期待でスタンドの歓声は大きくなった。

イタリア、後半に底力 「最高の40分」で逆転

 しかし、後半にペースダウンして逆転負け。フランスとの初戦に続いて健闘したものの、勝利はつかめなかった。フランカーのシベッタは「最初の40分はベストを尽くした。相手がいいチームだった」と振り返った。(ニース時事)

最終更新:

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ