• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

柳沢、片岡両氏ら選出 ノーベル賞級論文の栄誉賞―情報会社

配信

 国際的な情報会社クラリベイトは19日、ノーベル賞級の研究成果を挙げ、その論文が他の論文に数多く引用された23人を2023年の「引用栄誉賞」に選出したと発表した。日本からは医学生理学分野で柳沢正史氏(63)と、化学分野で片岡一則氏(72)が選ばれた。引用栄誉賞の受賞者は、その後ノーベル賞を受賞する例が多い。

〔写真特集〕日本のノーベル賞受賞者

 柳沢氏は筑波大国際統合睡眠医科学研究機構長で、重要な睡眠制御因子のオレキシンを発見。睡眠と覚醒のメカニズム解明に大きく貢献した。

 片岡氏は川崎市産業振興財団ナノ医療イノベーションセンター長で、特殊な分子を薬剤や遺伝子と結合させるなどし、がん細胞などの標的だけに届ける手法を開発した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ