• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

NY原油、一時92ドル台 10カ月ぶり高値

配信

 【ニューヨーク時事】週明け18日のニューヨーク原油先物相場は、需給引き締まりへの警戒感が根強い中、3営業日続伸した。米国産標準油種WTIの終値は前週末比0.71ドル高の1バレル=91.48ドルと、昨年11月上旬以来約10カ月ぶりの高値となった。一時は92ドル台に上昇する場面もあった。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ