• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

韓国系団体、豪で処理水放出に抗議 駐日大使は福島の魚応援

配信
16日、オーストラリアのシドニーで、東京電力福島第1原発の処理水放出への抗議デモを行う韓国系団体の人々

16日、オーストラリアのシドニーで、東京電力福島第1原発の処理水放出への抗議デモを行う韓国系団体の人々

  • 福島県産の魚を使った料理を食べるヘイハースト駐日オーストラリア大使(大使館がフェイスブックに公開した動画より)

 【シドニー時事】オーストラリアの最大都市シドニーで16日、韓国系の市民団体が東京電力福島第1原発の処理水放出に抗議するデモを行った。約50人が参加し、「海へ捨てず、日本国内で処分せよ」などと訴えた。

韓国政府、「汚染水」呼称変更を検討 野党は反発

 主催したのは在豪韓国人らでつくる「シドニーろうそく行動」。処理水放出が国際的な安全基準を満たすとした国際原子力機関(IAEA)報告書に関し、参加者の1人は「疑いの目を向けている科学者も多く、信用できない」と主張した。韓国の尹錫悦大統領が容認姿勢を示していることに対し「恥だ」との声も上がった。

 一方、豪政府はIAEAの報告書への全面的支持を表明済み。ヘイハースト駐日大使は福島県産の魚で調理したフィッシュ・アンド・チップスを食べる動画をSNSで公開し、「食べて応援します」と語っている。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ