• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

南米ガイアナ、38%成長見通し 「前代未聞」の石油開発で―IMF

配信
国際通貨基金(IMF)本部=米ワシントン(AFP時事)

国際通貨基金(IMF)本部=米ワシントン(AFP時事)

 【ワシントン時事】国際通貨基金(IMF)は11日、南米の小国ガイアナの実質GDP(国内総生産)が2023年、前年比38%増と「極めて急速な伸び」を遂げるとの見通しを示した。米欧の利上げによる金利上昇や中国の景気減速などで世界的に成長が停滞する中、近年の大規模油田発見で石油開発が進み、急激な成長を続けている。

習氏、「一帯一路」影響力誇示 5カ国首脳と相次ぎ会談―中国

 ガイアナは22年も62.3%と「世界最高」(IMF)の成長率を記録。「前代未聞」(同)の石油部門拡大に加え、非石油部門も交通機関や住宅、洪水対策などの公共投資に支えられている。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ