H2Aロケットの用語解説・ニュース

配信

 H2Aロケット 旧宇宙開発事業団(宇宙航空研究開発機構、JAXA)が開発した大型基幹ロケット。液体の水素と酸素を用いる2段式で、2001年から運用が始まり、07年に製造や打ち上げが三菱重工業に移管された。これまで打ち上げた46機のうち失敗は03年の6号機だけで、成功率は世界トップクラスの98%に達する。47号機は全長約57メートル、重さ約287トンで、固体燃料の補助ロケット2本が付いた202型。50号機で退役し、後継の「H3」に移行する計画となっている。

最終更新:

H2Aロケット 関連ニュース(自動検索)

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ