悠仁さま、17歳に 生物系に関心、学校行事楽しむ

2023年09月06日07時06分

17歳の誕生日を前に、農業・食品産業技術総合研究機構を訪問された秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さま=8月2日、茨城県つくば市(宮内庁提供)

17歳の誕生日を前に、農業・食品産業技術総合研究機構を訪問された秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さま=8月2日、茨城県つくば市(宮内庁提供)

  • 17歳の誕生日を前に、農業・食品産業技術総合研究機構を訪れ、桃の「V字樹形」について同機構の生駒吉識氏から説明を受けられる秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さま=8月2日、茨城県つくば市(宮内庁提供)

 秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さまは6日、17歳の誕生日を迎えられた。筑波大付属高校(東京都文京区)2年生で、学習や部活動、学校行事に積極的に取り組み、充実した日々を過ごしている。7月末には全国高校総合文化祭のため秋篠宮さまと鹿児島県を訪れ、初の公的な地方訪問となった。
 側近によると、6月に学校行事で筑波大を訪問。関心の高い生物系の研究室で、農作物に関わりのある昆虫の研究を見学し、実際に昆虫も観察した。夏休み中の8月には農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市)を私的に訪れた。
 中学1年の秋に紀子さまと訪れて以来2回目となった同機構では、国内外のイネの品種を栽培するほ場などを見学。悠仁さまは「なぜ毎年栽培する必要があるのか」と質問していたという。
 高校1年だった昨年9月の文化祭ではクラスで企画した出し物に、同10月のスポーツ大会ではクラス対抗のバレーボールに参加。悠仁さまのサーブで連続得点を挙げることもあった。所属するバドミントン部では休み時間に自主練習し、新入生へのアドバイスもしている。
 このほか、トンボの生息環境の調査や、宮邸での野菜作りや米作りも続けている。
 来年9月に18歳で成年となり、2025年3月の卒業以降に成年式に臨む。

こんな記事も

皇室



ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ