• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

市川猿之助被告、10月初公判 両親の自殺ほう助―東京地裁

配信
東京地裁=東京都千代田区

東京地裁=東京都千代田区

 東京都目黒区の自宅で両親の自殺を手助けしたとして、自殺ほう助の罪に問われた歌舞伎俳優の市川猿之助(本名・喜熨斗孝彦)被告(47)について、東京地裁は24日までに、初公判期日を10月20日に指定した。

市川猿之助被告が保釈 黒スーツ、深々と頭下げ

 起訴状によると、猿之助被告は5月17日、自宅で多量の向精神薬の錠剤をすりつぶし、コップの水に溶かすなどして両親に服用させ、翌18日にかけ向精神薬中毒で死亡させて自殺を手助けしたとされる。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ