• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

宝飾品や宝石が所在不明に 職員を解雇―大英博物館

配信
大英博物館=2018年8月、ロンドン(AFP時事)

大英博物館=2018年8月、ロンドン(AFP時事)

 【ロンドン時事】ロンドンの観光名所の一つ、大英博物館で所蔵品が所在不明になっていることが分かり、博物館は16日、関与したとみられる職員を解雇するとともに、警察が捜査していると発表した。

彫刻返還で「秘密協議」 大英博物館とギリシャ首相

 博物館によると、持ち去られたものの大半は倉庫に保管されていた小品で、紀元前15世紀から紀元後19世紀までの金の宝飾品や半貴石の宝石などが含まれるという。最近一般公開されたものはなく、主に学術研究用に所蔵されていた。不明品の数などは明らかにされていないが、英メディアによると、かなりの期間にわたって持ち去られていたという。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ