• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

W杯で初のオープンカテゴリー トランスジェンダー選手も参加可―競泳

配信

 世界水連は16日、ベルリンで10月6~8日に予定されている競泳のワールドカップ(W杯)で「オープンカテゴリー」を設けると発表した。主催大会で初めて。性別や性自認を問わず、出生時の性と自身が認識する性が異なるトランスジェンダーの選手も参加できる。 

女子種目出場を禁止 トランスジェンダーに新規定―国際自転車連合

 50メートルと100メートルの種目が対象。タイム決勝方式で争われる。各国・地域の連盟に所属していることが参加の条件となる。(時事)

最終更新:

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ