• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

マッチングアプリで違法勧誘 訪問販売2社に業務停止命令―中部経産局

配信
中部経済産業局などが入る総合庁舎=名古屋市中区

中部経済産業局などが入る総合庁舎=名古屋市中区

 マッチングアプリを通じて知り合った相手に販売目的と告げず、しつこく勧誘したとして、経済産業省中部経済産業局は10日、特定商取引法違反(勧誘目的の不明示など)で、訪問販売会社「OLC」(名古屋市中区)と同「ハーティスト」(同)に対し、3カ月の一部業務停止を命じた。

マッチングアプリでぼったくり容疑 16人逮捕、歌舞伎町で相談相次ぐ―警視庁

 中部経産局によると、ハーティストの販売担当者は、マッチングアプリを通じて知り合った消費者をOLCの事務所に誘い出し、1人当たり50万~150万円で自己啓発セミナーへの参加を契約させていた。

 全国の消費生活センターに2019年12月以降、2社に関する相談が89件寄せられ、違法な勧誘による契約額は1億円近くに上った。大半は20代と30代の男女で、契約金を支払うために消費者金融を紹介され、借金したケースもあったという。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

政治

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ