• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

引退ロマンスカーで訓練 小田急線刺傷事件2年控え―警視庁

配信
刃物使用事件を想定した訓練に使われた小田急電鉄のロマンスカーVSE=3日午前、東京都新宿区

刃物使用事件を想定した訓練に使われた小田急電鉄のロマンスカーVSE=3日午前、東京都新宿区

  • ロマンスカーで刃物を持った不審者への対応訓練を行う警視庁の新宿署員ら=3日午前、東京都新宿区

 小田急線車内で刃物で切り付けられるなどして乗客10人が重軽傷を負った事件から6日で2年になるのを前に、警視庁新宿署と小田急電鉄は3日、定期運行を終了したロマンスカーを使い、刃物使用事件を想定した訓練を実施した。普通列車とは座席や非常口など構造が異なる特急列車での実施は初めて。

車内防犯カメラ、設置進む 相次ぐ走行中の事件受け―鉄道各社

 訓練には同署と小田急電鉄の職員計約100人が参加し、参宮橋―新宿間で実施した。走行中に刃物を持った男が乗客を人質に取ったとの想定で、乗務員がほかの乗客を別の車両に誘導。新宿駅に到着後に警察官が乗車して犯人役を取り押さえた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ