• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

悪質自転車違反に「青切符」検討 道交法改正を視野―有識者検討会で議論・警察庁

配信
【図解】自転車と歩行者の事故件数

【図解】自転車と歩行者の事故件数

  • 【図解】自転車による交通違反の検挙件数
  • 警察庁=東京都千代田区

 警察庁は3日、自転車の悪質な交通違反の取り締まりについて、反則金納付で刑事罰を免れる「交通反則通告制度(青切符)」の導入などを検討する有識者会議を開くと明らかにした。制度導入が提言されれば、来年の通常国会に道交法の改正案を提出する方針。

ヘルメット「安全マーク付きを」 自転車用、粗悪品も―国民生活センター

 交通事故全体の件数や死傷者数が減少傾向にある一方、自転車と歩行者の事故や法令違反の取り締まり件数は増加。自転車が当事者の死亡重傷事故は昨年、約7割が自転車側に法令違反があった。現行の取り締まりは「赤切符」で、起訴されると罰金が科され前科が付くが、検挙件数の1~2%しか起訴されていない。こうした背景から、同庁は自転車の交通秩序と制裁制度の見直しが必要と判断した。

 今月30日に第1回を開催し、年内に提言の取りまとめを行う。学識者や自転車業界などの有識者が、取り締まり方法や交通規制、安全教育の在り方について議論する。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ