• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

モスクワ新都心にドローン墜落 1人負傷、ウクライナ攻撃か

配信
30日、モスクワで、ドローンが墜落した新都心「モスクワ・シティ」の高層オフィスビル(AFP時事)

30日、モスクワで、ドローンが墜落した新都心「モスクワ・シティ」の高層オフィスビル(AFP時事)

 ロシア国防省によると、首都モスクワに30日未明(日本時間同日午前)、ドローン3機が飛来し、うち2機が新都心「モスクワ・シティ」の高層オフィスビルに墜落した。同省は、ウクライナのゼレンスキー政権の「テロ攻撃」を阻止したと主張している。

ワグネル西進の情報 「ハイブリッド攻撃の一歩」と警戒―ポーランド首相

 ソビャニン市長は通信アプリ「テレグラム」を通じ、ビル2棟が損傷したと説明した。タス通信は、警備員1人が負傷したと伝えた。

 国防省の発表では、プーチン大統領の公邸に近い西郊でドローン1機が破壊された。別の2機が市内に侵入したものの、電子戦システムで制圧され、制御を失ってモスクワ・シティのビルの低層部に墜落したという。

 モスクワにドローンが飛来するのは7月だけで4回目となる。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ