• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

ロシア領内、攻撃相次ぐ ウクライナ東部にもミサイル

配信
28日、ロシア南部タガンログで、爆発が起きて封鎖された道路(AFP時事)

28日、ロシア南部タガンログで、爆発が起きて封鎖された道路(AFP時事)

  • 28日、ウクライナ東部ドニプロで、ロシア軍の攻撃により火災が起きた建物前に集まる消防隊(AFP時事)

 【ワシントン時事】ロシア国防省は28日、首都近郊のモスクワ州に飛来した無人機を撃墜したと発表した。また、南部ロストフ州でも2発のミサイル攻撃があり、迎撃した際の残骸が港湾都市タガンログなどに落下したと主張した。国防省はいずれもウクライナによる攻撃だと断定した。

ウクライナの集合住宅に攻撃、5人負傷 ロシアでもミサイル被害

 ウクライナ側はロシア領内での攻撃に関して特に反応していない。ただ、ポドリャク大統領府顧問は「タガンログを含め、ロシアで起きていることは全て、ロシアが始めた大規模な戦争の結果だ」と批判した。

 ウクライナでも、東部ドニエプロペトロフスク州のドニプロに28日、ロシア軍によるミサイル攻撃があった。集合住宅と治安機関庁舎が被害を受け、負傷者がいる。ゼレンスキー大統領は「ロシアの侵略とテロ行為を罰するため、われわれはあらゆることを行う」と強調した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ