• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

ニジェール大統領に支持伝達 米国務長官

配信
28日、オーストラリア東部ブリスベンで演説するブリンケン米国務長官(EPA時事)

28日、オーストラリア東部ブリスベンで演説するブリンケン米国務長官(EPA時事)

 【ワシントン時事】米国務省は28日、ブリンケン国務長官が軍のクーデターで拘束された西アフリカ・ニジェールのバズム大統領と電話で協議し、バズム氏を支持する考えを改めて伝えたと発表した。「憲法に基づく秩序と民主的統治の完全な回復」に向けて取り組む姿勢も強調したという。

ニジェール、チアニ将軍が「新指導者」に クーデター、各国から非難の声

 ブリンケン氏は、ニジェール旧宗主国のフランスのコロナ外相とも電話で会談。バズム氏拘束に対する「深い懸念」を表明し、秩序回復の方策について意見を交わした。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ