• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

初完封に連発の大暴れ 大谷、残留決まり躍動―米大リーグ

配信
タイガースとのダブルヘッダー第1試合に先発し、完封で9勝目を挙げたエンゼルスの大谷=27日、デトロイト

タイガースとのダブルヘッダー第1試合に先発し、完封で9勝目を挙げたエンゼルスの大谷=27日、デトロイト

  • タイガースとのダブルヘッダー第2試合の4回、ソロ本塁打を放つエンゼルスの大谷=27日、デトロイト
  • タイガースとのダブルヘッダー第2試合の4回、ソロ本塁打を放った直後、腰を押さえるエンゼルスの大谷=27日、デトロイト

 ダブルヘッダー第1試合。エンゼルスの大谷は九回2死の打席で二ゴロに倒れると、その裏のマウンドに向けてゆっくりと準備を始めた。ベンチを飛び出した瞬間に敵地から大きな拍手。「あまり何も考えずに、一人ひとりいきたいと思っていた。結果的に最後まで投げられてよかった」。タイガース打線を3人で抑え、111球でメジャー初完投を完封で飾った。

大谷、エンゼルス残留 GM「特別な選手」

 150キロ台後半の直球は力があり、制球も抜群だった。前半戦の最後に右手中指の爪が割れ、最近は投球に影響する試合が目立ったが、それも改善。「投げ心地は良くて、動き方もしっくりきていた」とうなずいた。

 エンゼルスは26日にホワイトソックスから2投手を獲得し、プレーオフ進出を目指してトレード市場で買い手に。そして27日にミナシアン・ゼネラルマネジャー(GM)が大谷のトレードなしを明言。本人は「周りの声を含め、気持ちもすっきりして(試合に)臨めた。プレーオフを目指して頑張りたい」と語る。

 9回を投げ切った後の第2試合では2打席連続で本塁打をかっ飛ばした。二回に左越えの2ランを放ち、四回は38号ソロを中堅右に。ただ、2本目を打った直後に腰から左脇腹付近を気にするようなしぐさを見せ、七回に代打を送られて交代した。球団によると「けいれん」。投打で圧巻のパフォーマンスを披露した後だけに、疲労も懸念されるが、ネビン監督は28日のブルージェイズ戦出場は「問題ないだろう」と説明した。

 スポーツ専門局ESPN(電子版)によると、投手として完封勝利、打者として2本塁打を同日に達成したのは52年ぶり。ダブルヘッダーの1試合ずつで記録したのは史上初の快挙となった。(デトロイト時事)

最終更新:

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ