• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

米国の抑止力強化に反発 与正氏「軍事攻勢の始まり」警告―北朝鮮

配信

 【ソウル時事】北朝鮮の金与正朝鮮労働党副部長は17日、談話を出し、「米国が拡大抑止を強化するほど、会談のテーブルから遠ざかるだけだ」と主張した。また、12日の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験に関し、「軍事的攻勢の始まり」だとしてさらなる挑発も示唆した。朝鮮中央通信が伝えた。

対北朝鮮、連携強化へ ICBM発射受け外相会談―日米韓

 与正氏は、米国が求める北朝鮮の「完全な非核化」について「古語辞典で探さなければならない。現実では通用しない話だ」と一蹴。米軍の戦略爆撃機の朝鮮半島展開や、18日にソウルで行われる核抑止に関する情報共有強化に向けた米韓「核協議グループ(NCG)」初会合などを挙げ、「われわれを刺激する愚かなことをやめなければならない」と米国に要求した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ