• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

ベラルーシと訓練で協力 ワグネル車列60台入国

2023年07月15日19時40分

ベラルーシ東部モギリョフ州の軍事拠点=7日、オシポビチ郊外(EPA時事)

ベラルーシ東部モギリョフ州の軍事拠点=7日、オシポビチ郊外(EPA時事)

 ベラルーシ国防省は14日、ロシアの民間軍事会社ワグネルとの協力に向けた「ロードマップ(工程表)」をまとめたと発表した。当面の「訓練と(実戦)経験共有」に関するものだという。ワグネルは6月下旬の反乱後、プーチン政権から免責を保証された上で、隣国ベラルーシ行きを提示され、活動拠点を移すとみられていた。

ベラルーシ反体制派と面会 「人権の擁護・発展」に関与―米大統領

 ベラルーシの独立系監視団体「ガユン」は15日、ワグネルの大規模な車列が入国し、新たな拠点とされる東部モギリョフ州オシポビチ郊外に向かっていることが確認されたとSNSで指摘した。少なくともトラック10台、バス3台を含む計60台に上り、ベラルーシ交通警察が随行したという。

関連記事

こんな記事も

国際用語

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ