• ツイート
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

三浦、日本新で2位 北口、65メートル超で3勝目―陸上DL

2023年06月10日09時10分

男子3000メートル障害、三浦龍司(中央)の走り=9日、パリ(AFP時事)

男子3000メートル障害、三浦龍司(中央)の走り=9日、パリ(AFP時事)

  • 女子やり投げ、投てきに挑む北口榛花=9日、パリ(EPA時事)

 【パリ時事】陸上のダイヤモンドリーグ(DL)は9日、パリで行われ、男子3000メートル障害で昨年のDLファイナル4位の三浦龍司(順大)が8分9秒91の日本新記録をマークして2位に入った。自身の日本記録を0秒01塗り替えた。ラメチャ・ギルマ(エチオピア)が7分52秒11の世界新を樹立して優勝した。

歴史的レースで躍進 三浦「ダークホースに」―陸上DL

 女子やり投げは昨夏の世界選手権銅メダルの北口榛花(JAL)が今季自身最高の65メートル09で制した。DL通算3勝目。
 女子5000メートルではフェイス・キピエゴン(ケニア)が14分5秒20の世界新で優勝。男子100メートルはノア・ライルズ(米国)が9秒97(向かい風0.9メートル)で勝った。

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ