• ツイート
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

強制不妊訴訟、原告側が上告 仙台高裁判決に不服

2023年06月09日15時58分

 旧優生保護法に基づき不妊手術を強制されたとして、宮城県の60代と70代の女性2人が国に損害賠償を求めた訴訟で、原告側は9日、控訴を棄却した仙台高裁判決を不服として、最高裁に上告した。

「納得できない」敗訴に憤り 仙台高裁判決に原告ら―強制不妊訴訟

 仙台市内で記者会見した原告の飯塚淳子さん(仮名、70代)は「各地の裁判で勝訴が続く中、『今度こそ』と期待していたが願いはかなわなかった。高裁判決はおかしいと訴えたい」と話した。
 仙台高裁は1日、旧法を違憲とする一方で、原告2人が提訴した時点で損害賠償請求権が消滅する「除斥期間」が経過していたとして訴えを退けた。
 強制不妊を巡る訴訟は全国12の地裁・支部で起こされ、5件の高裁判決のうち4件は国に賠償を命じていた。

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ