日航と2Ku接続アップグレードで合意=米インテルサット〔BW〕

2023年06月07日16時52分

 【ビジネスワイヤ】米衛星通信事業者のインテルサットは、10年来の顧客である日本航空(JAL)との間で、ボーイング737および767をインテルサットの2Ku機内接続ソリューションにアップグレードすることで合意した。JALの子会社のジェイエアは、ボーイング機だけでなくエンブラエルE190にも2Ku接続システムを導入中であり、2024年末に導入を完了すれば、機内エンターテインメントとインターネット接続サービスを提供する日本初のリージョナル航空会社となる。2Ku接続サービスには従来のジンバル・アンテナに代わってフェーズドアレイ・アンテナが用いられる。
 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。英語原文はwww.businesswire.comへ。

関連記事

こんな記事も

ワイヤーサービス

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ