日揮が業務システムの近代化にiPaaSを採用=米Boomi〔BW〕

2023年06月05日15時12分

 【ビジネスワイヤ】インテリジェントな接続性と自動化の米Boomiは、同社の受賞歴のあるiPaaSが日揮ホールディングスによって採用されたと発表した。近代化の規模とコストが大きくなるため、日揮は複数のプラットフォームの接続とプロジェクトの簡素化で実績が豊富なベンダーの推薦を野村総研に依頼。今回、同iPaaSのグローバルな導入実績とさまざまなプラットフォームをシームレスに接続するBoomiの能力が評価された。Boomiは日揮のITインフラの近代化とデジタルトランスフォーメーションの目標をサポートする。
 【注】この記事はビジネスワイヤ提供。英語原文はwww.businesswire.comへ。

関連記事

こんな記事も

ワイヤーサービス

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ