• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

勇磨、けが乗り越え 大相撲

2023年05月31日17時51分

新十両昇進が決まり、喜びを語る勇磨(左)と師匠の阿武松親方=31日、東京・両国国技館

新十両昇進が決まり、喜びを語る勇磨(左)と師匠の阿武松親方=31日、東京・両国国技館

 大相撲名古屋場所(7月9日初日)の番付編成会議で新十両昇進が決まった勇磨が31日、東京・両国国技館で記者会見に臨んだ。中卒のたたき上げで、初土俵から9年で関取に。「けがで何回か番付を下げて、しんどかった。めちゃくちゃうれしい」と喜んだ。
 前向きな性格と、負けん気の強さが持ち味。昨年9月の秋場所では、元大関の朝乃山を破って話題になった。「(十両の土俵は)大変だが、楽しみもある。見る人が元気になる相撲を取りたい」と意気込んだ。

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合



ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ