• ツイート
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

「夢がまだ続いている」 カンヌ脚本賞の坂元裕二さん会見

2023年05月29日22時35分

カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞し、記者会見する坂元裕二さん=29日午後、東京・羽田空港

カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞し、記者会見する坂元裕二さん=29日午後、東京・羽田空港

  • カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞し、トロフィーを手にする坂元裕二さん(右)と是枝裕和監督=29日午後、東京・羽田空港

 映画「怪物」で仏カンヌ国際映画祭の脚本賞に輝いた坂元裕二さん(56)が29日、東京都内で記者会見した。同日帰国した是枝裕和監督(60)からトロフィーを受け取ると、「夢がまだ続いているような気がする」と喜びをかみしめるように語った。

〔写真特集〕カンヌ国際映画祭

 脚本については「どこかにいるだろう孤独な誰か、この映画を受け入れてくれる人がいると信じて書いた。仲が良かった友達のことなどを思い出して書いた」と説明。「怪物」が受賞したカンヌの独立賞、クィア・パルム賞で審査員長を務めたジョン・キャメロン・ミッチェル監督からメッセージが届いたことを明かし、「涙が出た。『人の命を救うドラマになっている』と言われたので、そうなればうれしい」と話した。

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ