• ツイート
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

「消耗した」と州首相辞任 オーストラリア西部

2023年05月29日18時37分

29日、パースで記者会見する西オーストラリア州のマッガーワン首相(EPA時事)

29日、パースで記者会見する西オーストラリア州のマッガーワン首相(EPA時事)

 【シドニー時事】オーストラリア西部、西オーストラリア州のマーク・マッガーワン首相(55)が29日の記者会見で、「疲れた。消耗した」として辞任を表明した。州議会議員も任期を2年弱残して辞職する。不祥事や病気以外での突然の辞任は異例。

パワハラ疑惑、副首相辞任 スナク政権に打撃―英

 労働党のマッガーワン氏は2017年3月の州議選勝利に伴い州首相に就任。21年選挙も圧勝して再選されたが、新型コロナウイルス禍対応や経済対策に一定の道筋が付いたとして「今が辞め時」と判断した。後任も多数派の労働党から選出される見通し。
 同州は鉄鉱石や天然ガスなど資源が豊富で、最近はレアアース(希土類)開発でも注目されている。岸田文雄首相が22年10月に同州パースを訪問した際には地元経済関係者らと共に意見交換した。

関連記事

こんな記事も

国際用語

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ