• ツイート
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

接種後死亡、14人に一時金決定 支給計67人に、新型コロナワクチン―厚労省

2023年05月26日22時07分

 厚生労働省の分科会は26日、新型コロナウイルスワクチンの接種後に死亡した30~92歳の男女14人について、因果関係が否定できないとして、死亡一時金などの支給を決めた。同ワクチン接種を巡り、死亡一時金を支給する国の救済制度の適用が認められたのは、計67人となった。

コロナ報道で会長陳謝 遺族の訴え伝えず―NHK

 厚労省によると、14人のうち13人は基礎疾患や既往症があったものの、接種後に突然死したり、急性心不全などで亡くなったりした。

関連記事

こんな記事も

新型コロナウイルス最新情報

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ