• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

明大の内海、初安打が決勝2ラン 東京六大学野球

2023年04月23日17時09分

 明大の1年生、内海が代打でベンチの期待に応えた。六回に追い付き、なお1死三塁の好機で打席へ。外角高めの直球を流し打ち、左翼席へ運んだ。「絶対に(走者を)かえしてやろうという気持ちで打席に入った。芯で捉えられたのでよかった」。リーグ戦初安打が、勝ち越し2ランとなった。
 オープン戦で存在感を示してベンチ入り。これまでの代打での2打席も、内容は悪くなかった。田中監督に「結果を出し続けている。そのうちスタメンで出るのでは」と言われ、「変わらず結果を残せるようにしたい」と口元を引き締めた。

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合



ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ