• ツイート
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

再生可能エネに1000億円投資 旧村上系が上場要求―コスモ新中期経営計画

2023年03月23日20時43分

 石油元売り大手のコスモエネルギーホールディングス(HD)は23日、2025年度までの3年間の新たな中期経営計画を発表した。脱炭素化に向けて風力発電など再生可能エネルギー事業に計1000億円(現中計は270億円)を投資する計画を盛り込んだ。
 同社株の20%超を保有するとみられる旧村上ファンド系の投資会社は再エネ事業を独立させ、株式上場するよう要求していた。これに対し、新中計では再エネ事業を上場せずに、グループの成長分野として拡大を目指す方針を示した。陸上風力に440億円、洋上風力に390億円を投資し、30年度には風力の発電容量を150万キロワット(現在30万キロワット)に拡大する。

関連記事

こんな記事も

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ