• ツイート
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

制球抜群、完封一番乗り 能代松陽の森岡、悔しさ糧に成長―高校野球

2023年03月21日14時44分

力投する能代松陽先発の森岡=21日、甲子園

力投する能代松陽先発の森岡=21日、甲子園

 最後だけは狙って三振を取った。能代松陽の森岡が内野安打2本に抑え、12奪三振無四球で投げ切った。完封一番乗りを果たし、「素直にうれしい」と笑顔がはじけた。

能代松陽の森岡が2安打完封

 相手を圧倒する球威があるわけではないが、切れと制球が抜群。スライダーやカットボールも巧みに交え、内外角へ投げ分けた。「仲間を信頼して打たせて取った」と言う丁寧な投球で、石橋打線を翻弄(ほんろう)。捕手の柴田は「何より制球が良かった。(相手が)直球についてきていない感じだったので存分に生かした」と振り返った。
 昨夏の甲子園では聖望学園に打ち込まれた。直球が抜けたことを反省材料としてフォームを変え、シャドーピッチングを繰り返した。足の踏み出しが良くなって制球力が上がったのは冬場の鍛錬のたまものだ。この日は安定感十分の117球。テーマだった「球数を減らして9回を投げ切る」ことを完遂できたのが誇らしげだった。
 2013年の統合後、現校名では甲子園初勝利。貢献したエースは「うれしいけど、一喜一憂しないようにしたい」と気を引き締めた。3回戦の相手は大阪桐蔭。「自分たちの全員野球で向かっていけば勝てると思っている」。堅守で支えてもらった仲間を信じて、強敵に挑む。

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ