• ツイート
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

伊藤、深々とお辞儀 初のフライングで3位―ジャンプ女子

2023年03月19日22時30分

女子初のフライングヒルで優勝したクリネツ(中央)を祝福する3位の伊藤有希(右)=19日、ノルウェー・ビケルスン(AFP時事)

女子初のフライングヒルで優勝したクリネツ(中央)を祝福する3位の伊藤有希(右)=19日、ノルウェー・ビケルスン(AFP時事)

 ジャンプ女子初のフライングヒルで3位に入った伊藤は、表彰台で深々とお辞儀した。「五輪金メダルと同じくらい」という夢の舞台。「うれしいとかそういうのではなく、ただただ感謝の気持ち」。涙があふれた。

伊藤がフライング3位 FIS主催で初実施―ジャンプ女子

 前日の試技で生まれて初めてフライングヒルを飛んだ後、「想像より何倍も楽しかった」と目を輝かせた。本戦の1回目は200メートルを超えて4位。「240メートルを飛びたかった」という2回目は190メートルにとどまるも、追い風ポイントの加算もあってアルトハウス(ドイツ)を逆転した。
 シリーズの1戦でスタートが遅れて失格し、当初はフライングヒルへの出場権がなかった。伊藤の実績と実力を知る各国コーチが嘆願書を提出。選手の署名やSNSでの賛同も大きなうねりとなり、FISが協議の末に伊藤の参戦を認めた。
 長年の願いがかない、結果も出した。「また上に上がって飛びたくなる」。この夢には続きがありそうだ。 (ビケルスン時事)

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合


ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ