ナイジェリア貧困街から英国へ、プロバレエダンサー目指す少年

2023年03月15日17時06分

【ロンドンAFP=時事】英国でプロのバレエダンサーを目指すナイジェリア出身のアンソニー・マドゥさん(13)が14日、カミラ王妃と面会した。貧しい少年が、動画が拡散されたことで世界的に有名になり、英国のバレエ教室に通うことになったというマドゥさんの物語は、米ディズニー・カンパニーがドキュメンタリーを制作中だ。(写真は、カミラ王妃〈右〉と面会するマドゥさん。バーミンガムのエルムハースト・バレエ・スクールで)
 ナイジェリア・ラゴスから渡英して2年。マドゥさんは現在、イングランド中部バーミンガムのエルムハースト・バレエ・スクールで学んでいる。
 マドゥさんは2020年、雨が降る中でピルエットをする44秒の動画が拡散し、数百万回再生された。これをきっかけに奨学金の申し出を受けた。マドゥさんは当時、ラゴスの貧困地区、アジャンバディにあるバレエ教室「リープ・オブ・ダンス・アカデミー」に通っていた。
 メディアはマドゥさんを、2000年の映画『リトル・ダンサー』にちなみ、「ナイジェリアのリトル・ダンサー」と呼んだ。同作はイングランド北部の炭鉱で働く父を持つ少年が、英ロイヤル・バレエ団に入団する物語。
 ディズニーは昨年9月、マドゥさんがラゴスから英国に渡るまでの過程をドキュメンタリー作品として制作すると発表した。
 カミラ王妃はエルムハースト・バレエ・スクール100周年記念行事の一環で、同校を訪れた。マドゥさんにダンスの面白さを尋ねた後、「幸運を祈ります」と述べた。
 マドゥさんは報道陣に対し、「ダンスは順調だ。心から楽しんでいる」と語った。英国での生活や気候にも慣れたという。
 「誰もが夢を追い、決してあきらめないよう、私の体験が刺激になればと思う」 【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕

この記事の英文はこちら【英文時事コム】

関連記事

こんな記事も

ワールドEYE


ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ