• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

ロシア支援に「深刻な代償」 プーチン氏の責任追及―G7外相

2023年02月19日05時43分

18日、ドイツ南部ミュンヘンで、会合に臨む林芳正外相(中央)ら先進7カ国(G7)外相たち(EPA時事)

18日、ドイツ南部ミュンヘンで、会合に臨む林芳正外相(中央)ら先進7カ国(G7)外相たち(EPA時事)

  • 18日、戦闘で破壊されたウクライナ東部バフムト(EPA時事)

 【ミュンヘン時事】先進7カ国(G7)外相会合を開いた外相は18日、ウクライナに侵攻したロシアを支援する第三者に「支援をやめなければ深刻な代償に直面する」と警告する議長声明を発表した。自国製ドローンをロシアに供与するイランの動向を念頭に置いているとみられ、G7による追加の制裁を示唆した。

ロシア、核の脅しで揺さぶり 原発占拠し「武器化」―ウクライナで惨事の恐れ

 声明では、ロシアによる民間人や重要インフラへの継続的な攻撃を非難し「戦争犯罪の責任を逃れることはあってはならない」と強調。国際法に従って、プーチン大統領を含めロシアの政治指導者らの責任を追及する方針を明確にした。
 侵攻開始から近く1年が経過し「支援疲れ」も懸念される。こうした中で「ウクライナとの必要な限りの揺るぎない連帯」を再確認し「いわれのない残酷な侵略戦争」を批判した。

関連記事

こんな記事も

政治用語

政治



ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ