• ツイート
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

国産ジェットから撤退 採算見込めず、開発中止へ―三菱重工

2023年02月06日23時16分

三菱航空機の小型ジェット旅客機「スペースジェット」の試験機=2020年3月、愛知県豊山町

三菱航空機の小型ジェット旅客機「スペースジェット」の試験機=2020年3月、愛知県豊山町

 三菱重工業が、国産初の小型ジェット旅客機「スペースジェット」の開発を中止する方針であることが6日、分かった。開発の遅れや新型コロナウイルス禍による旅客需要の冷え込みを受け、2020年に開発を事実上凍結していたが、今後も採算が見込めないため事業から撤退する。08年に「日の丸ジェット」の実現を掲げて始まった一大プロジェクトが頓挫した形になる。

〔写真特集〕三菱スペースジェット(旧MRJ)

 三菱重工は同日、スペースジェット事業に関し、「さまざまな可能性を検討していることは事実だ」とのコメントを発表した。
 スペースジェットは当初、三菱リージョナルジェット(MRJ)として開発がスタート。1960年代に戦後初めて開発されたプロペラ旅客機「YS11」以来、約半世紀ぶりの国産旅客機を目指す試みで、13年に量産初号機を納入する予定だった。
 しかし、開発や事業化に向けたノウハウが不足して延期を繰り返し、開発費は想定を超えて膨張。20年3月期連結決算では、スペースジェット事業に絡んで2633億円の損失を計上するなど、経営の重荷となっていた。

関連記事

こんな記事も

経済用語

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ