• ツイート
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

求人1.28倍、4年ぶり上昇 経済回復、失業率は低下―22年平均

2023年01月31日11時39分

【図解】完全失業率と有効求人倍率

【図解】完全失業率と有効求人倍率

 厚生労働省が31日発表した2022年平均の有効求人倍率は、前年比0.15ポイント上昇の1.28倍だった。新型コロナウイルス禍で落ち込んでいた経済活動の回復で求人数が増え、4年ぶりに前年を上回った。ただ、コロナ流行前の19年平均(1.60倍)は依然下回っている。また、総務省が同日発表した労働力調査によると、22年平均の完全失業率は0.2ポイント低下の2.6%だった。

就職内定率、2年連続上昇 大学生84.4%、求人回復―昨年12月

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ