• ツイート
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

立・維、「共闘」強化 国対・行革で存在感狙う―国会

2023年01月24日07時03分

国会対策連絡会に臨む立憲民主党の安住淳国対委員長(左)と日本維新の会の遠藤敬国対委員長=23日、国会内

国会対策連絡会に臨む立憲民主党の安住淳国対委員長(左)と日本維新の会の遠藤敬国対委員長=23日、国会内

 立憲民主党と日本維新の会は通常国会が召集された23日、昨年の臨時国会に続いて「共闘」をスタートさせた。国対連絡会や行政改革に関するプロジェクトチーム(PT)をそれぞれ開催。存在感アップを狙い、連携の枠組みを強化した。

立・維、国対連絡会を初開催 「共闘」強化図る

 衆参の国対委員長らで構成する国対連絡会は、円滑に情報共有するため隔週での定期開催を確認。立民の国対委員長は記者団に「与党に対してアクセルを踏む時やブレーキをかける時、一緒に踏むことで緊張感のある政治を実現していきたい」と語った。
 共闘に関する両党の合意文書は、「身を切る改革」を伴わないとして政府の「防衛増税」に反対する方針を明記した。23日のPT会合では、予算の無駄にメスを入れるため検討を進めることを確認。立民の代表は記者団に「防衛増税は歳出改革が示されないまま進んでいる」と批判した。
 ただ、維新は憲法改正などを巡り自民党とも協力する方針で、共闘の行方には不透明さが残る。維新の代表は23日の党会合で、「政治を前に動かしていくという観点で自民と立民と是々非々で協調していく」と述べた。

関連記事

こんな記事も

政治

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ