• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

双葉町で12年ぶり「だるま市」 原発事故後初、新春祝う―福島

福島県双葉町で行われた「巨大ダルマ引き」。体長約3.5メートル、重さ約600キロのだるまの両側に綱を付け引っ張り合う=7日午後、同町

福島県双葉町で行われた「巨大ダルマ引き」。体長約3.5メートル、重さ約600キロのだるまの両側に綱を付け引っ張り合う=7日午後、同町

  • 福島県双葉町で行われた「巨大ダルマ引き」。体長約3.5メートル、重さ約600キロのだるまの両側に綱を付け引っ張り合う=7日午後、同町
  • だるま市で出店に並んだ「双葉ダルマ」=7日午前、福島県双葉町

関連記事

こんな記事も

社会用語

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ