佐川一政さん死去 作家、「パリ人肉事件」

2022年12月02日14時18分

 「パリ人肉事件」で知られ、作家としても活動した佐川一政(さがわ・いっせい)さんが11月24日午後11時5分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。73歳だった。神戸市出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は弟の純(じゅん)さん。
 1981年、留学中のパリでオランダ人女性を殺害し、肉を食べたとして逮捕され、日本に強制送還された。著作に「霧の中」「新宿ガイジンハウス」など。劇作家の唐十郎さんが事件を題材に書いた小説「佐川君からの手紙」は芥川賞を受賞した。

関連記事

こんな記事も

社会用語

社会


ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ