• ツイート
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

韓国攻撃の一歩手前 「戦術核実用化」で自信か―北朝鮮

2022年11月03日07時10分

2日、ソウルの駅で、空襲警報が出された鬱陵島のテレビ中継を見る人々(AFP時事)

2日、ソウルの駅で、空襲警報が出された鬱陵島のテレビ中継を見る人々(AFP時事)

  • 2日、韓国の鬱陵島で地下施設に避難する自治体職員ら(EPA時事)

 【ソウル時事】北朝鮮が、韓国への攻撃一歩手前の軍事挑発に乗り出した。海の南北軍事境界線、北方限界線(NLL)以南の韓国領海近くに弾道ミサイルを発射したのは「南北分断以来初めて」(韓国軍)。北朝鮮に強硬姿勢を取る韓国の尹錫悦政権も、NLLの北側にミサイルを撃ち込んで応酬した。軍事衝突寸前の危うい状況にエスカレートしている。

南北に自制呼び掛け ロシア

 着弾地点は日本海に面した韓国北東部・束草から北東にわずか57キロ、韓国領海から約30キロ。尹大統領は緊急の国家安全保障会議(NSC)で「実質的な領土侵害行為だ」と強い憤りを表明した。韓国では大規模雑踏事故の哀悼期間中で、韓国政府は「人倫と人道主義に反する北朝鮮政権の姿を如実に示している」と激しく反発した。
 韓国メディアによると、日本海側の鬱陵島で初めて空襲警報が出され、サイレンが鳴り渡り、一部住民は地下施設に避難した。テレビでは警告音と共に、大きな字幕で警報が表示され、一般市民にも緊張が走った。
 米韓合同訓練中に真っ向から対抗する形となった今回の挑発行為は、戦術核の実用化を掲げる北朝鮮の自信が背景にあるという見方が多い。北朝鮮の朴正天朝鮮労働党書記は2日未明の談話で、「朝鮮武力の特殊な手段の戦略的使命を実行する」と「核」を連想させる表現を使った。
 韓国の朴元坤・梨花女子大教授は「以前とは違うレベルの深刻な威嚇だ」と指摘。「中国共産党大会中も挑発し、大規模雑踏事故で悲嘆に暮れる韓国世論も考慮しない。緊張を高めた後に核実験を行い、事実上の核保有国の地位を得ようとしている」との見方を示した。
 一方、軍事筋は「米韓訓練のたびに警戒態勢を取る負担が大きいため反発しているのではないか」と指摘。「レーダーを稼働させるだけで膨大な電力を消費する。電力難の北朝鮮には重荷だ」と語った。

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ