• ツイート
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

EV普及時に「道路利用税」 新税財源、委員が提案―政府税調

2022年10月26日18時32分

電気自動車の充電スポット

電気自動車の充電スポット

 政府税制調査会(首相の諮問機関)は26日の総会で、脱炭素社会実現に向けた自動車関係税の在り方について議論した。電気自動車(EV)が普及するのに伴い、中長期的にはガソリンなどの燃料税に代わる税財源の確保が課題。委員からは「道路利用税のような考えはあっていい」との意見が出た。

EV「いつ買うか」の時代 BYDジャパンの劉学亮社長

 政府は2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」の目標を掲げる。与党は22年度税制改正大綱で自動車関係税について「(政府の)目標の実現に積極的に貢献するものとする」と位置付けた。政府税調も今後取りまとめる中期答申に反映させようと、議論を本格化させた。
 同日の総会で、道路利用税に言及した政府税調の委員は「道路サービスの向上などと合わせ、中長期的に考えるべき課題だ」と語った。中里実会長は総会後の記者会見で「唯一これだけが正しいとはなりにくい。問題を整理し対応したい」と述べた。

関連記事

こんな記事も

経済用語

経済


ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ