• ツイート
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

濃厚接触待機、陰性なら3日 ワクチン5回目、今秋にも実施へ―4回目は対象拡大・厚労省

2022年07月22日20時09分

新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者の待機期間短縮などを説明する後藤茂之厚生労働相=22日午後、厚労省

新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者の待機期間短縮などを説明する後藤茂之厚生労働相=22日午後、厚労省

 厚生労働省は22日、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者に求める待機期間について、原則7日間から5日間に短縮すると発表した。さらに2日連続の検査で陰性が確認されれば、待機期間は接触の翌日から数えて最短3日目までとなる。

自民・下村氏らがコロナ感染 国会議員計100人に

 国内の新規感染者数は、オミクロン株の派生型「BA.5」への置き換わりなどで過去最多を更新。職場などで濃厚接触者の欠勤が増え、社会経済活動の維持が困難になるのを避ける狙いがある。
 厚労省は、市中での感染率が上がっていることから、濃厚接触者が待機から6日目以降に陽性となるリスクを考慮しても、さらなる感染拡大にはつながらないと判断した。
 新型コロナワクチンの追加接種については、今秋以降にオミクロン株に対応した改良型で行うことを想定し、準備する方針を決めた。4回目を打った人にとっては5回目の接種となる。
 対象者は、2回以上接種を受けた高齢者などに絞って議論される見通し。ただ、後藤茂之厚労相は「全ての人を対象に接種されることも想定している」と対象者拡大の可能性に言及した。
 4回目のワクチン接種は5月から始まったが、秋には接種から一定期間が過ぎ、効果の低下が予想される。加えて現行のワクチンは、オミクロン株への効果が下がるとの指摘もあった。
 5回目で想定される改良型ワクチンは、米ファイザー社や米モデルナ社が開発を進めており、秋にも実用化される見通し。厚労省によると、既存のワクチンと比べて中和抗体価の上昇が確認されたという。
 60歳以上などに限っていた4回目接種については、22日から18歳以上の全ての医療従事者や高齢者施設職員などに対象を拡大した。

関連記事

こんな記事も

社会用語

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ