• ツイート
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

米トルコ首脳「会う機会ある」 NATO会議での会談示唆―サリバン氏

2022年06月27日23時01分

 【エルマウ時事】サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は27日、ドイツ南部エルマウで記者団に対し、スペイン・マドリードで予定される北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で、バイデン大統領とトルコのエルドアン大統領が対話する可能性について、「会う機会はある。今後24時間でどうなるか見てみよう」と語った。

NATOとロシアの衝突はあるか 北欧2国「加盟」の衝撃

 エルドアン氏は、北欧のフィンランド、スウェーデンのNATO加盟に反対の立場を貫いている。サリバン氏はトルコと北欧2カ国の協議をバイデン氏が「注視している」と説明。可能な限りトルコの懸念を解消し、「首脳会議で加盟に弾みをつけたい」と強調した。

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ