画像1枚でTシャツの3Dモデルが作成・販売可能に! 「SUZURI byGMOペパボ」、新機能『3Dグッズ作成ツール』提供開始

2024年07月11日18時16分

[GMOインターネットグループ]

オリジナルアバターの無料公開でメタバースで活動するクリエイターを後押し

 GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(代表取締役社長:佐藤 健太郎)が運営するオリジナルグッズ作成・販売サービス「SUZURI byGMOペパボ」(URL:https://suzuri.jp/)は、2024年7月11日(木)より新機能『3Dグッズ作成ツール』の提供を開始します。
 これにより、画像を1枚アップロードするだけで、誰でも簡単にTシャツの3Dモデルを作成・販売できるようになります。また、「SUZURI byGMOペパボ」で作成したオリジナルグッズと組み合わせることで、リアルとバーチャルのリンクコーデを簡単に楽しめるようになります。
 さらに、「SUZURI byGMOペパボ」の3Dモデルに対応したオリジナル3Dアバターの無料公開を実施します。

         

     『3Dグッズ作成ツール』特設ページURL:https://lp.suzuri.jp/3d-t-shirt

【『3Dグッズ作成ツール』提供の背景】
 「SUZURI byGMOペパボ」は画像が1枚あれば誰でも簡単にグッズ作成・販売ができるサービスです。2014年の提供開始以来、「Tシャツ」や「スマホケース」などアイテムを増やしており、現在では50種類以上のアイテムを作成できるほか、83万人以上(※1)のクリエイターにご利用いただいております。
 昨今はVR機器の普及を受け、メタバース市場が拡大しています(※2)。「SUZURI byGMOペパボ」はこれまで、現実世界やオンラインでアウトプットを行うクリエイター向けの機能や取り組みを通して、その表現活動を支援してきましたが、今後は仮想空間でのアウトプットにおいてもその役割を担うべきだと考えています。
 そこで、2024年6月に『3Dグッズ作成ツール』の提供予告を発表すると共に、先行公開版として「3D缶バッジ」が作成できる機能を追加しました。
 この度、『3Dグッズ作成ツール』の正式版として、作成できるアイテムに「3D Tシャツ」が追加されました。これまでは3Dモデルの制作に、専門知識やスキルが必要でしたが、この機能により、誰でも自分のオリジナルの3Dモデルを作成することができ、また、作成から販売までシームレスにバーチャル空間へ作品を届けられるようになりました。
 「SUZURI byGMOペパボ」はリアル・バーチャル問わず誰でも表現活動ができる世界を実現していきます。

(※1)2024年6月末時点
(※2)参照:総務省「令和5年版情報通信白書」
(URL:https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r05/html/nd247520.html

【『3Dグッズ作成ツール』概要】
 これまでの「SUZURI byGMOペパボ」でのグッズ作成・販売方法と同様に、画像をアップロードするだけで「3D Tシャツ」を作成・販売いただくことができます。

                      3Dグッズ作成・販売までの流れ

■リアルとバーチャルのリンクコーデが楽しめる
 同じデザインで「スタンダードTシャツ」と「3D Tシャツ」を作成すれば、リアルとバーチャルのリンクコーデを簡単に楽しむこともできます。展示会などのオフラインイベントで着用したり、グッズ販売でファンコミュニケーションに活用したりと、様々なシーンでご利用いただけます。
 さらに「SUZURI byGMOペパボ」では、今後も「パーカー」や「バケットハット」など、既存のアイテム展開に合わせて対応3Dアイテムを増やしていく予定です。

                       リンクコーデのイメージ

■オリジナル3Dアバター「墨澄(スミスミ)」を無料公開
 『3Dグッズ作成ツール』で作成・販売できる「3D Tシャツ」を簡単にメタバースで着用してバーチャルファッションを楽しめるように、オリジナル3Dアバター「墨澄(スミスミ)」を無料公開いたします。
 デザインには、TVアニメ『チェンソーマン』第4話エンディング・テーマ曲のイラストに起用されるなどで人気のクリエイター「coalowl」氏を起用し、親しみやすく可愛らしいキャラクターが誕生しました。
 また、3Dモデルの制作ディレクションは、大丸松坂屋百貨店の3Dモデルや、人気VTuber「犬山たまき」のアバター衣装を手掛けるなど、数多くの実績を持つ株式会社Vに協力をいただきました。
オリジナルアバターは、「VRChat」などのソーシャルVRプラットフォームでの利用を想定しています。



 さらに、3DCGクリエイター向けに「墨澄」と同じ素体(※3)の無料配布も行います。この素体を使用してご自身のオリジナルアバターを制作いただくことで、「SUZURI byGMOペパボ」の3Dグッズが簡単に着用可能なキャラクターを作ることができます。
(※3)3Dモデルを制作する上でベースとなるボディのこと。

■「墨澄」誕生にあたりコラボいただいたクリエイターの皆様
coalowl(コールアウル)
「墨澄」キャラクターデザイン / 衣装デザイン
SUZURI:https://suzuri.jp/coalowl
X:https://x.com/coalowl
コメント:
coalowlの絵って平面的なのが特徴でもあるけど3Dにしたらどうなるんだろう?とドキドキワクワクしてお引き受けしました!モデラーさんの仕上がりいただいたらめっっちゃかわいい3Dモデルになっててびっくりしました!!!!かわいい~~~~うれし~~~~やった~~~~!!!!!ありがとうございます!!!!

Yossha(ヨッシャ)
3DCGモデリング / テクスチャ制作
X:https://x.com/yoshino_alice2
コメント:
この度は貴重な機会をいただきありがとうございました。
coalowlさんの作風を損なわないよう気をつけながら制作をさせていただきました。多くの方々に愛されるアバターモデルになれると嬉しいです!

きりう(霧生/KeyLew)
クリエイティブディレクション
X:https://x.com/KeyLew_VRC
コメント:
この度は3Dアーティストとしてではなく、クリエイティブディレクター(製作総指揮)として本プロジェクトに参画しました!coalowlさんとYosshaさんという才能溢れるアーティストと共に、「SUZURI byGMOペパボ」初のオリジナルアバター制作に携わることができ、大変光栄です。
ユーザーの皆様に使いやすいよう細部までこだわりましたので、ぜひアバター改変を楽しんでください!

株式会社V
3Dモデル制作
所在地:〒150-0011 東京都渋谷区東二丁目25番3号WAVE Shibuya5F
代表者:代表取締役兼CEO 藤原光汰
事業内容:インターネットサービスの企画・開発・運営
URL:https://v-inc.jp/


【Tシャツプレゼントキャンペーンを実施】
 ご自身で作成された「3D Tシャツ」とお揃いのデザインの「スタンダードTシャツ」を抽選で100名様にプレゼントいたします。


【「SUZURI byGMOペパボ」は「できる」を拡張していきます】
 サービス開始10周年を迎えた「SUZURI byGMOペパボ」は、今回の『3Dグッズ作成ツール』やコミッション機能『タクラミ』、グッズ領域の継続的な新規アイテムの追加を通して、誰もが多様な表現活動ができるプラットフォームとして、クリエイター・エコノミーを推進していきます。


以上


【GMOペパボ株式会社】(URL:https://pepabo.com/
会社名  GMOペパボ株式会社(東証スタンダード市場 証券コード:3633)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役社長 佐藤 健太郎
事業内容 ■ホスティング事業 
      ■EC支援事業
      ■ハンドメイド事業 
      ■金融支援事業 
      ■AX事業
資本金  2億6,222万円


【GMOインターネットグループ株式会社】(URL:https://www.gmo.jp/
会社名  GMOインターネットグループ株式会社(東証プライム市場 証券コード:9449)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業 
      ■インターネット広告・メディア事業
      ■インターネット金融事業  
      ■暗号資産事業
資本金  50億円


Copyright (C) 2024 GMO Pepabo, Inc. All Rights Reserved.

企業プレスリリース詳細へ

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

こんな記事も

PR TIMES

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ