令和6年7月9日からの大雨災害に関する被災中小企業・小規模事業者対策について

2024年07月11日18時46分

[中小機構]

独立行政法人中小企業基盤整備機構(理事長:宮川正 本部:東京都港区)は、島根県出雲市に災害救助法が適用されたことを踏まえ、本災害で被災された中小企業の皆様が、早期に事業を再開できるよう、以下のとおり特別相談窓口を設置いたしましたのでご案内申し上げます。
また、被災された小規模企業共済契約者の方々に対しまして、災害時貸付を適用いたします。

■7月11日付けで特別相談窓口を以下のとおり設けました
<令和6年7月9日からの大雨災害に関する特別相談窓口>
【中国本部】
・特別相談窓口(企業支援部企業支援課) 電話:082-502-6555
・〒730-0013 広島県広島市中区八丁堀5-7 広島KSビル3階

【オンライン経営相談(E-SODAN)】
・専門家と直接チャットで経営に関する相談ができる他、災害対策関連の情報をAIチャットボットがご案内します
https://bizsapo.smrj.go.jp

■被災小規模企業共済契約者に対する災害時貸付けについて
【共済相談室】
・電話:050-5541-7171
・共済サポートnavi
https://kyosai-web.smrj.go.jp/index.html

・災害時貸付適用地域(令和6年7月10日時点)は以下のとおり

法適用日:7月9日
【島根県】
出雲市(いずもし)

<独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)>
中小機構は、事業の自律的発展や継続を目指す中小・小規模事業者・ベンチャー企業のイノベーションや地域経済の活性化を促進し、我が国経済の発展に貢献することを目的とする政策実施機関です。経営環境の変化に対応し持続的成長を目指す中小企業等の経営課題の解決に向け、直接的な伴走型支援、人材の育成、共済制度の運営、資金面での各種支援やビジネスチャンスの提供を行うとともに、関係する中小企業支援機関の支援力の向上に協力します。

企業プレスリリース詳細へ

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

こんな記事も

PR TIMES

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ