日本最大級の若手料理人コンペティション「RED U-35 2024」応募総数478人、応募者平均年齢は大会史上最も若い29歳に

2024年07月11日18時46分

[株式会社ぐるなび]

応募料理人の「目標とする人物」1位は米田肇氏

RED U-35 (RYORININ’s EMERGING DREAM U-35) (以下、RED U-35)実行委員会は、35歳以下の料理人の発掘・応援を目的とした、日本最大級の若手料理人コンペティション「RED U-35 2024」(主催:RED U-35実行委員会、株式会社ぐるなび)について、応募総数は478人で、応募者の平均年齢が29.0歳(※)と大会史上もっとも若い平均年齢になりました。



■「RED U-35」公式WEBサイト https://www.redu35.jp/

また「RED U-35」では毎年応募者に「あなたが目標とする人」を聞いていますが、もっとも多く支持されたのは、5大会連続トップとなる「HAJIME」オーナーシェフの米田肇氏となりました。

現在、応募テーマである「自分らしさ」について、メニュー考案や作文を基に、厳正なる審査が行われており、料理人としての技術力はもちろん、アイデアや視点、また、人間力や社会性などについて評価され、二次審査に進む50人(※予定)を選出します。なお、一次審査通過者であるブロンズエッグについては、「RED U-35」公式WEBサイトにて8月1日(木)に発表されます。
※応募締切時点での年齢となります。

RED U-35 2024 応募者サマリー
■応募者は478人、内訳は男性:438人(昨年比+138)/女性:40人(昨年比+5)
■応募者の年齢内訳は、10代:2人/20代:241人/30代:235人
■専門ジャンルはフランス料理が39%で最多、次いで日本料理20%、イタリア料理14%。



■応募者所属店舗客単価は昨年には届かぬものの、2022年に比べ894円高い、17,562円。
■国内応募エリアでは、東京が136人、大阪50人、京都39人が続く。中でも北海道は昨年よりも8人増え22人となり4番目に多い
■応募者内訳:国内:461人/海外:17人
■応募エリア:43都道府県 ※鳥取県、山口県、徳島県、宮崎県は応募者無し




「RED U-35 2024」次世代の料理人たちが目標とする人物2024
「RED U-35 2024」では、応募者に「目標とする人物」についてアンケートを行っています。今回エントリーした若手料理人たちが目標とし、注目している人物「TOP10」について発表します。
なお、公式WEBサイトでは、35位までの発表をしています。
■「次世代の料理人たちが目標とする人物2024」TOP10
【1位】米田肇(HAJIME)
【2位】小林寛司(villa aida)
【3位】大谷翔平(メジャーリーガー) 岸田周三(Quintessence)
【5位】谷昇(Le Mange-Tout)
【6位】川手寛康(Florilege) 佐々木浩(祇園さゝ木)吉武広樹(Restaurant Sola)
【9位】生江史伸(L’Effervescence)
【10位】谷口英司(Cuisine regionale L'evo)村田吉弘(菊乃井)

■詳細は以下のWEBサイトでご確認ください。
 URL:https://www.redu35.jp/news/newsrelease/10815/

企業プレスリリース詳細へ

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

こんな記事も

PR TIMES

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ