博報堂DYメディアパートナーズ/博報堂、鈴木おさむ氏運営の「スタートアップファクトリー1号投資事業有限責任組合」へLP出資

2024年07月12日21時40分

[株式会社博報堂DYメディアパートナーズ]

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:矢嶋弘毅、以下博報堂DYメディアパートナーズ)と株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:水島正幸、以下博報堂)は、このたび、株式会社ゴーイングメリー、及び鈴木おさむ氏が運営するスタートアップファクトリー1号有限責任事業組合がGeneral Partner(無限責任組合員。以下、合わせて「GP」)となり運用する「スタートアップファクトリー1号投資事業有限責任組合」(以下、「本ファンド」)に対し、出資することを決定いたしました。

今回、本ファンドへの出資により、博報堂DYメディアパートナーズは、コンテンツ・エンタテインメントビジネス領域において、最新情報の収集やB2Cスタートアップとの協業機会を模索しながら、鈴木おさむ氏ならびに同ファンドが提供するサービスとの連携を通じて、既存事業の付加価値化や新規事業創出に取り組みます。博報堂は、ミライの事業室が取組む社会課題解決型ビジネスにおいて、鈴木おさむ氏ならびに同ファンドと連携することにより、鈴木氏がこれまでにも数多く携わっている地域創生事業の発掘と協業を推進してまいります。

■「スタートアップファクトリー1号投資事業有限責任組合」概要
鈴木おさむ氏が32年間の放送作家業の中で、エンタテインメント業界で培ったコンテンツプロデュースノウハウと実績、知見、ネットワークを基に立ち上げるベンチャーキャピタル。日本の次世代コンテンツ・IP領域やエンタメ産業がグローバルでビジネス展開することや、生活者を豊かにするB2C新規事業の創出支援を目的としたスタートアップ投資を行います。また同氏が運営する「シェアオフィス・ゴーイングメリー」は、スタートアップ、エンタテインメント・マスコミ業界など様々な人が交流し共創を行うコミュニティを構築します。

会社名:株式会社ゴーイングメリー
創業 :2019年11月
代表者:鈴木収
本社 :東京都目黒区青葉台3-13-11

ファンド名称 :スタートアップファクトリー1号投資事業有限責任組合
ファンド期間 :10年(最大3年間の延長オプションあり)
投資分野   :世界を豊かにするコンテンツ・IP企業ならびにライフスタイル領域

企業プレスリリース詳細へ

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

こんな記事も

PR TIMES

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ